忍者ブログ
AdminWriteComment
No.
2018/11/20 (Tue) 21:03:46

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.267
2012/08/03 (Fri) 01:33:17

←back

 ある政治家を殺してほしい。
 そう依頼してきた中年の男は、クレイジードッグの名声を知っていても、その姿を実際に見て不安を禁じえないようだった。
 背丈に似合わない殺伐とした雰囲気を醸し、鋭い眼光をその目にのぼせて皮肉に笑う子供を、僅かに顔を顰めて観察していた。
 躊躇う素振りはあった。
 けれど、依頼を翻す事は無かった。
 既に二度、暗殺に失敗しているのだと男は言う。
 だからこその破格の報酬があった。
 対象の顔写真を眺めながら、クラウスは少し眉根を上げる。
 依頼主も、対象も、興味は無い。報酬にすら頓着しなかった。
 クラウスにとって――クレイジードッグにとって、興が乗るかどうかの問題だ。

 答えはYES。

 二度の失敗を踏まえて、対象の警護は鉄壁と言ってもいい。その隙間を縫って、自分がその男を殺すのだ。
 それは、面白い案件では無いだろうか。

 綿密に計画を練る事はしなかった。クラウスにそんな頭は鼻から無い。
 男の一日の予定を知るだけで十分だ。
 クラウスはビルの屋上で、対象の乗る車が通りを走り行くのを、ただ見るだけで良かった。防弾ガラスの車が、三つ先の通りを行き過ぎるのを――ビルとビルの隙間に現れるのを、その瞬間を。
 待って、三度、構えた銃の引き金を押すだけ。それだけで、同じ箇所を貫いた銃弾は、防弾ガラスなど物ともせず、対象の頭を貫いた。
 走る車の同じ一点に、三つの銃弾をぶつける――クラウスのした事はそれだけで、依頼は簡単に遂行された。
 激しいブレーキ音が聞こえるような気がした。
 スコープ越しに見る遠い道路に、黒塗りの車が止る。窓に赤い血がこびりついているドアを、誰かが開けた。
 クラウスは目を見開く。
 見知った顔がそこにある。
 記憶の中のそれより、厳しさを増した顔。
 横顔だけだったが、クラウスが見間違う筈が無かった。

 懐かしい記憶が蘇る。

 今より幼い自分が、幼い狂犬が、兄と慕った人。

 死体と化した対象の傷を探るように見て、振り返った。
 目が合う筈も無い。
 それでも、クラウスには聞こえた。
「クリス」
と、懐かしい名前を呼ぶ、捨てた名前を呼ぶ、彼の声が。
 実際に、唇は動かなかったし、動いても、己の名を呼んだ素振りは無かった。
 誰かに何がしかの指示を叫んで、その姿は消えた。

 自分に、戦い方を教えてくれた人だ。拳以外の、力以外で示す、戦い方を教えてくれた――。
「……アントニオ」
零れた音は、何故だか掠れた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[85]  [208]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ツイッター
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]